特に自分の周りの親しい人が
全員富裕層になったら
奇跡が起きます!

富裕層の思考が自分にも
インストールされて
自分で実践出来るようになると

誰でも富裕層になれます!

あとはチャンスを
引き寄せて
掴むだけです!

以下転載

誰しもが憧れる「富裕層」への道。最終的に勝者になるのはどういった職業に携わっているサラリーマンなのでしょうか?具体的な職業をあげながら解説していきたいと思います。
お金に関する職業
普段から「お金」に携わっていると、自然とお金に関する関心が高くなる傾向があります。そのため、他の職業に携わっている人達よりもお金に関するニュースなどに敏感になり、金融リテラシーのレベルがあがり、富裕層に向かっての階段を登りやすくなるという特徴があります。
具体的には「銀行員」や「証券マン」などといった職業があげられます。SBIグループの創業者、北尾吉孝氏は、野村證券の証券マンでした。
富裕層と接することが多い職業
普段から富裕層と接することが多い職業の場合、成功者である富裕層から自然にお金に関するノウハウを会得することができます。このため、自分自身のお金に関する意識も変化していくことで、富裕層になりやすい職業といえます。
具体的には、「不動産の営業」や「証券会社の営業」、「銀行の営業」などがあげられます。楽天の創業者、三木谷浩史氏は、日本興業銀行(現みずほ銀行)の行員でした。
最先端の技術に関わるかかわっている職種
時代の最先端技術に関わる職業も富裕層になりやすい職業です。特に自分の知識を活用して「事業」を起こして成功するタイプが多いことが特徴になっています。現在であれば、ブロックチェーンやフィンテックといった分野です。

独立志向が高い企業
企業の方針などで独立志向が高い職業に携わっている場合、自分で事業を起こして成功するケースがあります。具体的にはリクルートや光通信などの企業があげられます。
富裕層となるサラリーマンの職業からみる「富裕層になれる」サラリーマン像
富裕層に近い職業に従事している人が全員富裕層になれるわけではありません。ここでは、「富裕層になれる」サラリーマン像について考えていきたいと思います。

https://stage.st/articles/nWMYE

Posted from するぷろ for iOS.