仮想通貨関係の必読書

日本銀行の金融政策はなぜ効かなくなったのか?

仮想通貨はなぜお金として機能するようになったのか?

「金利付き貨幣」の出現は、経済の仕組みをどう変えるのか?

日銀を飛び出した異能の経済学者が、「貨幣発行独占」崩壊後の新しい通貨システムを洞察する。

マイナス成長がもたらす大格差時代を生き抜くための必読書。

 

 

FinTechと呼ばれる金融分野の新たな技術であるビットコインとそれを支えるブロックチェーンについて考察し、同時に、流動性の罠にはまったようにも見える現代の中央銀行の役割について技術的な進歩を考慮に入れた場合にどのように変わる可能性があるのかについての主張を綴った本。著者は日本銀行勤務経験を持つ早稲田大学大学院教授。

ビットコインはPOW(Proof of Work)がポイントで、POWが価値を生むと考えればビットコインの価値に生じている現象のほとんどは説明できる。ビットコインの安い手数料の背後には、ビットコインの生成と取引確定をひとまとめにしてマイニングという作業にすることで可能になった独自の利益実現構造がある。POS(Proof Of Stake)のようにコインの価値の維持をPOWに頼らない方法もある。リップルのXPRはビットコインのBTCとは異なってマイニングの報酬として生成されるのではない。POE(Proof Of Existence)を使ったブロックチェーンもある。管理者をあえておくことでPOWの制約のない身軽な形で決済システムに応用することも考えられる。

一方、今後の先進国は米国は多少異なるが、ゼロ成長の中で浮き沈みがあるという形になってゆく。そして、貨幣価値の部分崩壊に近いほどの突然の物価のジャンプアップが来てそのあとはしぶといデフレがくるという展開になる。そして、金融政策はインフレ対策には効果があるが、流動性の罠がある限りデフレ対策でできることは限られる。また、資本の移動は自由になって資本のグローバル化は進んだが、人の移動は多くの制限と文化や言語の壁があるのでグローバル化は資本ほど容易ではなく、このような状況ではどこの政府も労働よりも動きやすい資本の方を優遇する政策をとらざるを得ない。

これらのような技術的及び経済構造的な背景を考えた場合、これからの中央銀行の役目は大きく変わるかもしれない。通貨発行の独占は弊害もあるし、技術の進歩によって仮想通貨の技術を使って民間がいろいろな通貨を発行することはあってもいい。中央銀行の役割として残るのは安定した価値尺度の提供になる。

昨今の日銀のマイナス金利の導入は「あとがき」を書いているタイミングだったそうで、本文中の記載には一部整合性があっていない部分があるが、著者の意見を大きく変えるほどのものではないようだ。ところどころ大胆なことも書かれてあるし、仮説の域を出ないこともたくさんあるので、賛否は分かれるかもしれない。また、個人的には著者の主張に全面的に賛成ということではない。ただ、読みながら、こういう考え方もあるのか、という刺激を受けた。真面目に書かれた本で、大変興味深く読めたことは確かだ。

コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年6月28日
ビットコインうんぬんとかいうサブタイトルがついているが、これは編集側でとってつけただけのもの。
金融政策のもとになる論理が詳しく書かれている、超著です。
コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2016年8月21日

「中央銀行が通貨発行独占権を背景として金融政策を行っている現状は終わるかもしれないが、現行通貨とともに複数のデジタル貨幣が競争する社会の中で、「公正な価値尺度を提供する」という新たな役割が出てくる」と述べる本である。

さて、「流動性の罠」は長らく経済学の教科書の中の話だと思われていたが、20年ほど前の日本に再来し、今ではヨーロッパにもいるようだ。これに対し、各国の中央銀行は協調して量的緩和を行い、日欧では中央銀行預け金にマイナス金利を適用している。

しかし、「フィッシャー方程式」(名目金利、自然利子率、予想インフレ率の関係式)が示すのは、「自然利子率がゼロ付近の低成長経済で、デフレが続いていたら、名目金利を下げることは不可能」である。そこで中央銀行自らインフレ目標2%を明言し、市場の予想インフレ率を引き上げることで、金融政策の効果が働く余地を作ろうとしているわけである。1万円の日銀券は、タンス預金にしても減ることはないので(=貨幣金利がゼロ)、名目金利をマイナスにすることは困難だった。「インフレ目標は、金融政策を流動性の罠にかかりにくくする保険である」(このあたりの説明は分かりやすい)。
各国中銀が協調しているから、資産家たちは貨幣価値低下の不安を感じても、(今は円が安全通貨とか言われているが)いずれ逃避先通貨の選択肢がなくなる(=実物資産に流れる)。

そんな中、コロンブスの卵ともいえるビットコインが登場した。秘密鍵を自分一人で管理すれば足りる「匿名性」、ハッシュ関数と利益追求のプルーフ・オブ・ワーク(POW)によるブロックチェーンによる「偽造防止」という仕組み。しかもPOWは「通貨価値の裏付け」でもあるので、無価値になることもない。とはいえ、ビットコインにはスケーラビリティ問題など幾つかの問題点もあり、最大の問題点は「価値を安定させる仕組みがない」ことだという。その欠陥については、技術的に改善した別種のコイン(アルトコイン)を作りだせばよいわけだが、POWはある意味ではコンピュータによるエネルギーの無駄使いとも言えるので、POWなしのデジタル貨幣を信用ある金融機関が産出する方が好ましいのではないかと述べている。

金融政策の有効性という観点から見れば、ビットコインがもたらした可能性は「デジタル貨幣ならば、貨幣金利をマイナスにすること(=ゲゼル型貨幣)が現実に可能となるので、流動性の罠に陥らずにすむ!」である。

ところが、筆者は金融政策に明るい展望をもっていないようだ。たとえ物価はプラスになっても、実質賃金が低下して生活が苦しくなれば、金融政策への国民の支持がなくなるだろうとみる。(だからこそ、政府は賃金引上げを経済界に求めてはいるわけだが)

金融政策への国民の支持が失われれば、通貨発行権を日銀に独占させる根拠も薄弱になる。現行通貨も引き続き使いつつ、他方で工夫を凝らしたデジタル通貨も出てくるかもしれない。ブロックチェーンなどビットコインの技術を使えば、多様なデジタル通貨が競争し、各自が通貨を選択するという、かつてハイエクが主張したような社会も実現可能だ。

ただ、そういう社会でも、「公正に価値尺度を提供する」役割を誰かが担わなければ、金融契約が危なっかしくなる。その役割を担えるのは、中央銀行だろう、というのである。

コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年5月2日

岩村充 『中央銀行が終わる日―ビットコインと通貨の未来―』新潮社2016

近年の経済学者のなかでは珍しく(フィッシャー、クライン以来か)、早稲田大学教授の岩村充はゲゼルを真面目に取り上げている(岩村充 『中央銀行が終わる日―ビットコインと通貨の未来―』 新潮社 2016。以前の同著者の他の書籍ではゲゼルはコラム扱いだったが本書では格上げされている)。
本書は近未来的電子マネーに話題を特化しているが、岩村は翁邦雄『金利と経済』2017で紹介されていた日本銀行改革案のような現実的な打開案を具体的に述べる学者だ。
岩村は電子マネーにして(マイナスを視野に入れた)利子変動制を主張する。 インフレターゲット論などと一線を隠したいのだろう。
ゲゼル案の過去の実例の場合小銭を徐々に回収する必要があったと思うが、電子マネーにすれば簡単だということだ。
租税と減価手数料の相乗りというアイデアを無視しているので、利子がいずれはプラスになることを当然視している。

ケインジアンの考え方が立体的に図解されているのが興味深いが、主になるのはハイエクの貨幣自由発行論の文脈なので観念論で観念論を相殺する格好になりがちなのが難点ではある。

ちなみに著者はケインズのバンコールを評価しているが元々ゲゼルのアイデアだとは考えていないようだ。

全体としては「ゲゼルの魔法のオカネ」という言い方が気になるが、基本的にはゲゼルのアイデアを最大限評価して、新たなテクノロジー(ビットコインの原理の解説が主だが)で蘇らせようとしている。

経済学部出身なのに商学部所属ということはゲゼルが見直されるには商学の再興が必要ということだろうか?

追記:
より体系的にゲゼル型貨幣の可能性を検討(ただし理論的なもので電子マネーを考えてはいない)している同著者による『新しい物価理論』(2004)と併読すべきだろう。

コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月8日
岩村氏の著書はとても読みやすい。一般に金融の書物は難解だが、著者が読者と同じ視点に立って議論を進めてくれるのでわかりやすい。
本書は、「ケインズ、フリードマン、クル―グマン」といった経済学者の理論、「流動性の罠、限界価格、コースの定理」等を前提に議論が進められる。そのため、経済学の基礎理論を学んだ後に読むとより理解が深まる。
今回のポイントは「流動性の罠」にある。
経済学では、金利がゼロになり「流動性の罠」に陥ったケースでは「金融政策は無効」とされている。にもかかわらず、今回日銀はマイナス金利を実施した。著者はこの政策の是非を「マイナス金利自体は他国にも事例があるので問題はないが、今回の異次元緩和+マイナス金利の政策の組み合わせは整合性がとれない」と危惧する。
またタンス預金の増加やスタンプ付貨幣等について実例を交えて具体的に説明している。日銀の守備範囲はどこまでが妥当であろうか?攻めなのか?守りなのか?
現在、日銀の金融政策はインフレターゲットによる異次元緩和、マイナス金利等、景気対策の主役となっている。著者は「流動性の罠に陥った現在、日銀は攻め(景気対策)の役割が終わり、守り(価値尺度)に特化するのが妥当」とみる。
一方、日銀の貨幣、決済機能とは異質の機能を持つビットコインについて詳しく紹介している。2つの対比によって日銀の役割がより理解できる。最後に「中央銀行が終わる日」という題名をつけた経緯を著者が素直に述べているが、謙虚な人柄が感じられおくゆかしい。
金融政策の哲学的、歴史的な問題意識にたった好著である。マイナス金利や金融政策についてうわべではなく、深く思考したい人に向いている。

コメント|15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2016年4月4日
日銀出身の経済学者である筆者は、貨幣の世界で2つのドラマが同時進行しているとする。一つは中央銀行が繰り広げる金融政策、もう一つはビットコインに代表される「仮想通貨」或いは「暗号通貨」とでも呼ぶべきものである。
一見して2つのドラマは独立したもののように見えるが、筆者はその2つがやがて影響し合い、絡み合いながら進行し始めると予言する。
キプロスの金融危機がビットコインをメジャーに押し上げる契機となったこと、ビットコインは「枯れた技術」で成り立っていること、ビットコインはヤップ島の「巨石貨幣」と通じるものがあること、などを始め、前半ではビットコインの仕組みが詳しく解説されている。後半は、世界の中央銀行は経済成長と共に生まれ育ったこと、日本銀行も欧米に遅れること僅か40年で設立され、その後の経済成長を支えたこと、経済の勢いには人口動態が重要な意味を持つこと、日本銀行のバランスシートが僅か数年の間に肥大化していること、所得格差が広がっているのはデフレの日本だけではないこと、など現在の中央銀行と金融政策を取り巻く状況を解説している。本書のタイトルは筆者の考えによるものではなく、これを受け容れるには筆者なりの躊躇や悩みがあったことが感じられる。
仮想通貨によって、中央銀行が不要になる、という単純な文脈ではなく、中央銀行とは、国民経済の豊かさを実現させるものであり、そのような期待を持たれる存在である、という定義から、そのような役割をいずれ果たせなくなるのではないかという危惧がベースにあること、及び仮にそうなったとしても中央銀行には他の多くの役割があるという認識を示している。
古くからある中央銀行と金融政策というテーマから、新たな時代の「フィンテック」に至るまでの話題をつなげた、示唆に富んだ一冊である。

コメント|29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
今年の3月に本書を買い求め、あまりの難解さになんども挫折。
今回は、「分かっても分からなくても最後まで読み切る。」覚悟で読み通した。
それでも、わからないものは分からない。
私が本書を手に取った動機は、近頃フィンテックなる言葉が株式市場にももてはやされ
特に新興市場などではフィンテックを手掛けているといっただけで株価が急騰する。
そこへ持ってきてビットコイン騒ぎである。マウントゴックスなる会社のビットコイン関連詐欺事件の報道があった。
これは、ビットコインやフィンテックなどの理解がなければ今の社会は乗り切れないと考えていたところ本書に行きついた。しかし、本書では第二章、第三章でビットコイン関連を詳述し、それ以外の章では中央銀行の役割を詳述する。
この二つの命題を一冊の本にする必然性はなく、なぜ「ビットコインの普及によって中央銀行の役割が終わる」と予想されるような題名の本を出したのか理解に苦しむ。そのビットコインの生成の説明にしても、数学的説明を多用し私のような文系の人間にとってはフォローは著しく困難である。
おぼろげながら理解できたことは、宇宙に太陽系以外の星雲があるように、お金の世界でも現在流通している貨幣とは全く別の生成過程をとり
単に」コンピュータ上でややこしい計算に基づいて生成されたビットコインなる価値体系があるということである。
したがって、ことなる宇宙に住んでいる以上中央銀行を乗っ取るなどということが出来るはずがない。

一方、中央銀行の役割についても面倒な数学的図形を多用しているが、筆者の結論は現代の(黒田)日銀がやっきになって物価を上げうとしているのは間違いである。との結論らしい。
それならそれで、もっと分かり易い書物が他にいくらでもありそうなもので
本書のような数学オタク的書物に無駄な時間を割くこともないと思われる。

コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月2日
マイナス金利、フィンテック、経済の構造問題と金融の役割などなど、いろいろな本が出ているが、相当考えないとそれぞれがどういう関係になっているのか、整理できない。この本は、その本質を完結に説明し、さらに未来をどう考えるかを考えさせる類書のない本だ。
マイナス金利は社会実験でまだ社会もまだその意味を受け止めるのに混乱しているが、中央銀行の本質までわかりやすく解説した本はない(しいて言えば黒田巌氏の通貨決済システムと金融危機<中央大学出版会>位か)。フィンテックの本質であるブロックチェーンも、It学者の技術的解説は文系素人にはわかりにくいし、凡百のエコノミストの本や雑誌解説では技術面と本質との関係がかけていない(多分、わかってないんだろう)。この本は技術を踏まえて、本質を平易にといて、それがマイナス金利や中央銀行、銀行とどういう関係にあるのかを説いている。銀行の膨大な勘定系システムへの投資が節約することが、結局フィンテックの本質だとよくわかる。銀行員はもとより、システム開発者や経営者が読むべき本ではないか。
コメント|14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月28日

ビットコインのような通貨の仕組みを探り、それを通じて、そうした通貨が存在するときの世界の貨幣がどうなって行くいくかを見極める事が本書の趣旨です。

ビットコインの仕組みを簡単に言うと、

・ビットコインは仮想通貨というより暗号通貨(クリプトカレンシー)という呼称が適切である。 それは取引が正当であることを確認する手段として暗号技術が使われているからである。

・ビットコインの特長はP2Pネットワークにおける共有台帳、つまり掲示板のような仮想台帳(ブロック)を中央銀行のような管理者を置かずに運用できる点である。

・ブロックチェーンの中に証拠性を保存した文書のハッシュ値を埋め込んで置く。 ハッシュ関数のハッシュ値を見つける作業(プルーフ・オブ・ワーク)、つまりマイニングに成功したマイナーはブロックを閉じる権利として、新しいビットコインを獲得できる。 貨幣の流通を確認し、証明するための作業そのものが、同時に新しい貨幣を生み出す仕組みになっている。

・疑惑が付きまとう。 ビットコインは硬直した供給スケジュールのため、価格変動が大きい。 ビットコインの設計者は、早くに足を踏み入れたものが簡単に大量のコインを発見でき、後から来た人にとってはマイニングが難しくなるといった仕掛けを作っている疑惑がある。 そうすればコインの価格が上がることになる。

現在の中央銀行の金融政策は「流動性の罠」に陥っています。
自然利子率とは人口や技術進歩などの、経済活動の外の世界で決まる基礎的な条件(ファンダメンタルズ)によって決まるので、政府や中央銀行によって操作できません。
金融政策は所詮、現在と将来の交換に過ぎません。

日本と米国では1980年代半ば以降、所得格差が拡がっています。
日本が仮にデフレから脱却できても、米国と同様、富が多くの国民に行き渡らないと著者は危惧します。 グローバル資本市場とは異なり、グローバル労働市場は参加する労働者の属性クラスを選ぶためです。

貨幣にマイナス金利が付けば、金融政策を「流動性の罠」から開放できます。
つまり金融政策が上方にも下方にも限界を画されることがなくなります。
著者はシルビオ・ゲゼルの「スタンプ付き貨幣」を発展させた新貨幣システムを提案する。 例えば日本銀行券をデジタル銀行券とアナログ銀行券に分けると、デジタル銀行券には日々、変更可能な「貨幣利子率」を付ける。 一方、アナログ銀行券は「投資信託」として扱う。 そうすれば、中央銀行の債務証書ではなく、投資信託証券証書のような性質をもつものと定義され、貨幣にプラスにもマイナスにも利子率が付く世界へと移行可能になります。

貨幣の本源的価値は「信用」です。
政府や中央銀行に対する信用は、最終的には財政つまり政府の徴税能力に対する信用と言えます。 ビットコインのような通貨はシステムそのものが「信用」の対象になります。
人間は経済学で扱われるモデル合理的経済人に程遠いヒューリスティックスを利用しバイアスに陥りやすい存在です。

この本は旧貨幣システムから新貨幣システムへの移行という”希望”が根底にあって書かれています。
しかし世の中に起こることは、俯瞰すれば、結局循環や平均回帰という帰結になるのではないかなと私は思っています。 例えば著者が言う”物価のジャンプアップ局面”が起こる可能性はあります。

私たちは絶対優位な対象ではなく、比較優位な対象に「信用」を依拠して、21世紀前半を生きて行かなければならないと思います。

コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年4月2日
難解な問題提起的な本だが、いたづらに危機感だけ煽る、本とは違う
電車の中で気軽に読めるのがうれしい